老健医師求人ランキング

老健医師求人TOP >> 老健医師の基礎知識 >> 老健医師の採用基準

老健医師の採用基準

介護老人保健施設(老健)は、介護が必要となったお年寄りや障害者などの総合的なリハビリテーションを行い、在宅復帰を目的とする施設です。リハビリテーションの内容は多岐に渡り、障害の部分に応じてそれぞれ専門的な知識・技術が必要となります。そのため、老健医師に採用されるためには、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などの専門スキルが必要であり、常勤医師として採用されるためには、さらに施設全体を管理できる広い視野と経験値が必要となります。

そのため、老健医師は誰でも勤まるというわけではなく、ある程度熟練した中堅・ベテラン医師が採用される可能性が高いです。非常勤医師の場合も、夜勤は1人で100人前後の患者を見回り、異変に対しては即座に対応できる能力が必要となります。とはいえ、入所者の病状は安定期に入っているため、定期的な回診などの健康管理業務ができれば、それほど難しい仕事ではありません。そのため、常勤医師はともかく、非常勤医師の場合は能力よりもお年寄りを大切にできるか、性格的にネガティブな要素がないかなど、資質が重視される傾向もあります。

資質については、面接の際に施設側から見定められますが、その一つの方法として転職理由について聞かれます。「どうしてこの施設に勤務したいと思ったか」ということはもちろんのこと「どうして前の職場を辞めたのか」ということも聞かれます。転職者の中には、家庭の事情や親の介護など、やむにやまれぬ事情で転職したという方も存在すると思いますが、実際は何かしら前の職場で問題を抱え、そこから逃げるために転職するというケースが多いです。

施設側もそのことを理解しているため、「どうして前の職場を辞めたのか」という質問にどう答えるかは、本人の資質を確認する上で非常に重要なポイントです。その際、嘘をついてはいけませんが、問題をそのまま伝えてもマイナスイメージを持たれるだけですので、あくまでも前向きに働く意志を伝えることが大切です。もしも職場の問題点について述べるのであれば、自分なら問題点についてどうアプローチできるか、どのような職場であるべきか、言い回しなどに注意しながら丁寧に説明するとよいでしょう。

また、老健医師の採用基準については、老健施設ごとに異なりますので、情報収集を行って自分に合った転職先かどうかよく確認することが大切です。そこで頼りになるのが、リクルートドクターズキャリアなどの転職支援サイトです。転職支援サイトに登録すると、医師の採用基準はもちろんのこと、専任エージェントが独自に調べた転職先の理念や雰囲気、人間関係などについて知ることができます。


老健の医師求人を探すならココ!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
完全無料 全国ok 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 転職可能エリア
  • 全国ok
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア





Copyright (C) 2013-2018 老健医師求人ランキング All Rights Reserved.