老健医師求人ランキング

老健医師求人TOP >> 老健医師の基礎知識 >> 老健医師の激務でない求人

老健医師の激務でない求人

老健は主に病院での治療が終わった患者の健康状態を管理、安定させながら、自宅復帰を促しリハビリなどを行うことが主な役割です。入居者だけでなく通所における短期集中リハビリテーションも受けいれており、各地域において老健の役割はますます重要なものとなっています。入居者や利用者が必要とする支援は症状により多岐に渡りますが、老健医師はそれを一手に引き受けなければなりません。入居者100人以下の施設では常勤医師は1名配置という規定があるため、規模の大きな老健施設では一人の医師がかなりの人数を抱えることになります。一般的な病院では相当な激務となるはずですが、老健施設では病気の治療が主な目的ではなく、症状安定化やリハビリがメインであることから、常勤医師がたった一人であってもさほど激務になることはありません。勤務日も週4〜5日、土日休み、当直なしなどゆったりした条件の求人が多く、何としても激務は避けたいという医師にはまたとない職場といえるでしょう。

老健施設は治療後の症状安定や体力回復、自分で日常生活が送れるようにすることを目標としているため、リハビリなども一人一人の状況に即した綿密な計画のもとに行われています。医師や看護師、理学療法士、作業療法士など多くのスタッフが密に連携を取りながら行うチーム医療のため、医師の担う役割も比較的明確です。スタッフの配置基準は施設の規模によって細かく定められているため、よほど人手不足の施設でない限り、医師が休む暇もないほどの激務をこなさなければならないという事はないでしょう。入居者の健康管理などの他に、マネージメント業務などが加わることもありますが、それでも土日休みの勤務でこなせる仕事量であることがほとんどです。

老健医師が施設長を兼ねる求人の場合は、組織の長として様々な判断を委ねられ、多くの責任を負う立場となります。医師としての実績はもちろん、組織で働いてきた実績や管理能力なども求められるため、応募者の年齢は高めとなる傾向があります。年齢的に体力を消耗する激務にはもはや対応できない、という場合も多く、募集する側も待遇の良さや勤務条件のゆるやかさを大きなアピールポイントとしています。実際にどんなに給与が良かったとしても、当直が多かったり、休みが少なかったりする勤務形態の求人には応募が集まりにくいため、できるだけ医師の業務負担を減らして応募につなげたいという施設が多く見られます。そのような背景があるため、老健医師の求人で激務ということはまずないと言ってよいでしょう。


老健の医師求人を探すならココ!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
完全無料 全国ok 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 転職可能エリア
  • 全国ok
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア





Copyright (C) 2013-2018 老健医師求人ランキング All Rights Reserved.