老健医師求人ランキング

老健医師求人TOP >> 老健医師の基礎知識 >> 老健医師の副業事情

老健医師の副業事情

世間から高給取りと思われている職業の代表格とも言える医師ですが、勤務医の場合は一概にそうとも言えないケースもあります。大学病院の勤務医や研修医などは世間で思われているよりもずっと低い給与の場合もあり、生活を成り立たせるために副業をしている医師も多くいるのが現状です。労働政策研究・研修機構の調査データによると半数以上の医師が二か所以上の勤務先を持っているという調査結果があり、その理由の多くが「収入を増やしたいから」というものでした。ただ医師という立場上、複数の職場のどちらもメインとすることは難しく、一か所をメインの勤務先として、他は副業として行っていることが多いようです。老健施設の非常勤医師を副業として選択するケースもあり、土日休みの常勤医師の代わりに出勤したり当直を担当するなど、通常は1人しかいない老健医師をサポートする役目も担っています。

また一方では当直や土日の勤務がなく比較的時間にゆとりのある老健医師が副業として別の病院でアルバイトをしたりするケースもあります。当直のバイトといっても病院の体制によって業務内容はかなり異なります。めったに救急患者の来ない病院であれば当直といってもさほど仕事量はなく、時給も4,000〜10,000円ほどと、日勤のアルバイトとあまり変わらないこともあります。一方で、頻繁に急患を受け入れていたり、夜勤のような仕事量を任されている医療機関であれば、時給はそれに比例して高くなります。また専門的なスキルが必要とされる診療科での当直はさらに相場が上がり、夜勤であれば報酬はその25%増しとなることが多いようです。

老健医師の求人は施設長や管理者としての募集が多くなっています。施設長として勤務する場合は入居者や利用者の健康管理だけでなく、書類作成や会議への出席など様々な業務が加わります。また高齢者やその家族と接する際には穏やかで豊かな人間性も求められるため、経験豊富なベテラン医師が理想像としてあげられています。土日休み、夜勤がないなど比較的勤務が楽と言われる老健医師でも、夜間オンコールや電話対応などは業務に含まれる場合もあり、忙しさは施設により様々です。特に施設長として勤務する場合は業務が多岐に渡るため、実際にはなかなか職場を離れられないケースもあるようです。激務から一歩身を置いたところで働きたいという理由から老健施設を希望する医師が多いこともあり、老健医師が他の病院などで副業をすることはあまり多くないと言えそうです。


老健の医師求人を探すならココ!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
完全無料 全国ok 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 転職可能エリア
  • 全国ok
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア





Copyright (C) 2013-2018 老健医師求人ランキング All Rights Reserved.